PMUアピアランスケア渋谷ブログ

乳輪・乳頭縮小後傷あとをカバーするアートメイク

乳輪・乳頭縮小の手術。 実は傷あとが白く残って目立つのが気になる方も多いです。 その傷あとにアートメイクで色を入れ、目立たなくさせることができます。 傷あとの状態は人それぞれ違います。 傷の位置や大きさも様々。 もとの乳輪の色・外側にかけて薄くなるか… なども考慮することが大切。 実際の症例写真とあわせて、考えたいポイントをご紹介します。

乳輪縮小・乳頭縮小術後の傷あとアートメイクとは?

乳輪や乳頭を小さくする手術を受けた後、気になるのが白い傷あと。 肌色の上だと目立ちませんが、乳輪や乳頭の色が濃い部分に「白い傷あと」があると、目立ちやすいもの。 せっかくコンプレックスを解消したくて手術を受けたのに、逆に白い傷あとが目立ち余計に気になる…というお悩みもよく伺います。 白い傷あと部分に、周囲の色と馴染むようにアートメイクで着色することで目立たなくさせることができます。

傷の状態に合わせてオーダーメイド!

乳輪の色、傷の位置や、傷の状態は様々。 傷あとに「ただ色を入れる」だけの場合… 傷あとの白色は目立たなくなったけど、色を入れた部分が馴染まないことがあります。 その理由は?? 例えば乳輪と肌の境目の薄い箇所に傷がある場合… 乳輪は乳頭(中心)から外側に向かって、だんだん色が薄くなっている方が多いです。 乳輪外側部分にある傷あとに着色すると、乳輪が大きく見える可能性もあります。 ・傷をカバーするためにアートメイクで着色してもいいのか ・そこはあえて着色しないのか ・ぼかす程度に軽く着色するのか など色を入れた後の状態についてお伝えし相談しながら色を入れていきます。

アートメイクでできることにはどうしても限界があります。 【周りの色と傷あと部分を全く同じにする】ことは難しいです。 それでもできる限り ・傷部分を目立たなくする ・馴染ませる ことができるような工夫を行なっています。 カウンセリングの際に 「どこが一番気になっているのか」 患者様と鏡を見ながら、細かく確認させていただいております。

症例写真①傷がやや広範囲

傷がやや広範囲の患者様。 乳頭部分から外側にむかって薄くなるグラデーションを意識して施術。 乳輪と肌色の境目部分に傷がある部分がありましたが、そこは相談してぼかす程度に着色しました。 ⇨その理由として… ・乳輪の外側に色を入れると乳輪が大きく見える可能性があること ・乳輪の輪郭がぼやけている場合、濃く着色することで不自然になる可能性があること に考慮しました。

症例写真②

・モンゴメリー腺切除後傷あと ・乳頭縮小術後の傷あと こちらをカバーしました。

ここでも乳輪外側の傷あとは患者様と細かく相談しながら施術しています。

お悩みの方へ…まずは診察からお待ちしております

治りかけの傷に施術しても、うまく着色しないことが多いです。 傷あとへのアートメイクをする場合、手術してから半年空けていただくのがおすすめです。 乳輪や乳頭の手術後の傷あと。 白く目立つのがお悩みの方は多いです。 「傷あとにアートメイクで着色できるなんて。もっと早く知りたかったです!」 そうお話しされる方も多いです。 まず診察から… お気軽にご予約くださいね。 お読みいただきありがとうございます☺️

ブログ一覧へ戻る

関連記事